不倫(浮気)相手との妊娠

妊娠発覚後の行動が今後を大きく左右する

不倫関係なのに妊娠してしまった場合、妊娠させた側も、妊娠した側もそれを手放しで

喜べる状態ではないと思います。特に女性側は命が宿っているわけですから、

不倫相手の彼が離婚してくれるかどうかだけで決断できるものではありません。

もし不倫の彼が妊娠をキッカケに奥さんと離婚してくれると言っても、奥さんが応じて

くれる可能性は低く、慰謝料請求や交際禁止、親の呼び出し等、余計にストレスがかかる

状況に陥る可能性もあります。



不倫で妊娠し、どうしたらいいのか分からない、法律上で彼の責任はどうなのか?

不倫相手の彼はきっと中絶して欲しいに決まってる、一人で産んで育てられるのか

経済的な不安がある、、、など、不安な気持ちを挙げたらキリがないと思います。

しかも、お腹の子は大きくなってしまうので迷う時間もありませんし。。



しかし、大切なことは「生まれてくる子供に対する責任」ではないでしょうか?



恋愛は多少は気分で進めることも良いと思いますが、育児は違います。

自分が大人になっていないのに子供を産んでも育児ストレスから、幼児虐待等、

経済的なことよりも、母親の子供に対する冷たい対応が起こりえるならば

中絶されるべきでしょう。愛情の中で育てる環境が必要であって、自分勝手な

「覚悟」で判断すべきではありません。



不倫相手がもつべき責任は認知です。離婚しなければならないわけではありませんが、

独身側の女性が産む場合は認知を求められます。

産んで欲しくない、中絶して欲しいという場合は裁判になります。



不倫相手が認知すること、認知させることは一番に経済的な支えを得る事になります。



ですが、認知したとしても養育費を支払わない人は多く、本当の安定とは違います。

繰り返しになりますが、「生まれてくる子供に対する責任」が最優先です。



だからこそ、既婚者で妻子もちの男性側も中絶することが良いのではないかと

悩むわけです。自分の家族が崩壊することへの恐れもありますが、望まない

タイミングで出来た子供、そして最初から父親らしいことがしてあげられない

状況で、不倫相手の彼女が1人でも産みたいと言っていても、

地に足が着いたビジョンがもてなくて当然です。



弊社では、不倫関係において愛人の立場である女性が、良い環境で赤ちゃんを

産んであげたい。彼と家庭を築きたいというお手伝いもしますし、逆に、

浮気相手の女性が妊娠したが中絶して欲しいと悩む男性のお手伝いもします。



それは、「生まれてくる子供に対する責任」において、片方でも違う方向性で

考えているならば駄目だと考えるからです。

そこを同じ方向を向くように調整できるならばそうしてあげたい。



ですから、お早めにご相談ください。



1人で悩んでいては、悩み過ぎて後悔することをしてしまうものです。

同じように不倫で妊娠し中絶するべきか産むべきか悩んでいる女性や、

不倫相手(浮気相手)が妊娠し中絶して欲しいけど、どう伝えたら良いのか

分からないし、浮気相手が産みたいと言っていてどうしたらいいのか

分からないという男性の体験談からお伝えできることがございます。